読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人や家族にサプライズで感動や幸せを与えるエピソード集

誕生日や特別な日に、大切な人にしてあげたサプライズを集めています。

彼氏の誕生日は宝探しでサプライズ!感動させる4つのストーリー。

彼の誕生日


f:id:owaraikun:20140309213847p:plain

留守のフリをして宝探し。最後に・・!

彼の誕生日。

私は留守のフリをして「私の部屋に先に入って待っててね」とメールで指示しておき、彼が一人で玄関に入ると、いきなり宝探しスタート。チョコレートなどの小さなプレゼントと一緒に、スヌーピーの人形に謎解きクイズを持たせました。(たとえば「グルグル回るよ、助けてー」→「洗濯機」など)

 

そうやってお風呂場、冷蔵庫、棚の裏など、順番に部屋を回らせて。ゴールはベッドです。ここでベッドからジャーン!とコスプレ的な面白い恰好をして私登場・・?ではつまらないな、と考えまして。なんだか普通だな、笑わせたいなと思った私。布団のなかにこんもり膨らむように、20個くらいの風船を仕込みました。ベッドの布団を彼が「ここにいるな!」とガバッとはがすと、舞う風船。「???」となっている彼氏の目に次に飛び込むのは、成人雑誌の付録にあるような、ナイスバディのセクシーグラビア写真。MEGUMIの女豹のポーズでした。

 

しかしよく見ると、顔の部分だけ私のアホ面写真。ここで、笑いながらも困惑している彼氏の真後ろにあるクローゼットから、奇声をあげながら突然私登場。本気でびっくりし、テンパった彼氏は挙動不審でしたが、本命プレゼントの時計を渡したら、やっとゲラゲラ笑ってくれました。「本当、無駄に手を掛けすぎ、バカだね〜」とか言われましたが、こういうバカさ加減が楽しいね、と最終的に喜んでくれたので、良かったです。

 

プレゼントを宝探し、最後は・・?

付き合って1年目になる彼のために、誕生日サプライズを企画しました。普通にプレゼントを渡すのはつまらないな、と思ったので、宝探しのように隠して探してもらうことを思いつきました。

 

本当にあげたいプレゼントまでの道のりを示したカードを、部屋中に隠します。スタートは仕事から帰ってきた彼が玄関で見つけるように、鍵のところに貼っておきました。カードには「洗濯機の中」と書いてあるので、彼は洗濯機へ向かいます。中をのぞくと、靴下のプレゼントとまた新たなカード。次に書いてあるのは「電子レンジの中」です。中を開けると、新しいマグカップのプレゼントとまたカードが。書いてある言葉は「本棚の裏」。彼が裏をのぞくと、そこには付き合って1年間の思い出のアルバムを置いておきました。

 

彼はここまでで凄く喜んでくれましたが、そこにはまだカードが。「アルバムの一番最後のページ」と書いてます。めくって見た彼は、私のほうに向かってきます。カードには「私の下」と書いてあるからです。私はクッションの上に座っていたので、どかされます。すると一番あげたかった新しい鞄が隠してありました。

 

彼は本当にワクワクしたよ!ととても喜んでくれました。たまにはこんな風にゲームのようなサプライズをしてあげると彼も子供のように笑ってくれるので楽しかったです。

 

封筒探し、空のアルバム。

同棲中の彼氏の誕生日。仕事から家に帰って来る前に、色んなところに封筒を隠しました。それには全部「枕の下」など次の封筒が見つかるようにメッセージを書きます。封筒にはそれぞれ、今まで二人で撮った写真とその日の思い出メッセージをいれました。

 

夕方、彼氏が帰って来てご飯を食べてお祝いした後、ケーキと一緒に一枚目の封筒を渡しました。そこに書かれた文字を見て、スタートです。封筒の中を見ながら嬉しそうに探してくれました。

 

最後はヘルメットの中に誕生日プレゼントとアルバムを入れてあり、それを見つけて喜んでくれました。アルバムはあえて何も写真の入っていない物。それから二人で仲良く封筒の中の写真をアルバムに入れました。写真を見ながら、思い出話も出来て楽しかったし、メッセージも今でも大事にしてくれています。

 

コインロッカーにプレゼントを仕込んでサプライズ!

付き合って5年目の彼氏の誕生日。

いつもと違ったプレゼントを渡したくて考えたのが、ロッカーの鍵でした。仕事上荷物が多い私達はいつもデートする前にロッカーに荷物を預けるのですが、そのロッカーにプレゼントを仕込み、誕生日当日に鍵と幾つかのロッカーの場所を地図に明記して渡しました。期限は日付が変わるまで。私も初めてでしたが、彼氏もロッカーの鍵をもらったのは初めてだったので、宝探しみたいで面白いって事で夢中になってくれました。

 

もちろん私は隠し場所を知ってるので、すぐ見つけられたらどうしよう、逆に全然見つけられなかったらどうしようなんて不安でしたが、運良く3つ目のロッカーで探し当ててくれました。ロッカーの鍵を喜んだというよりも、プレゼントを入れる為に事前行動をしたことが彼氏にとっては凄く嬉しかったみたいで、私の誕生日の時はこれ以上のサプライズをするって意気込んでくれました。

 

予想以上の反応に私もやって良かったなって思いました。